2013年8月アーカイブ

夏になると、服装からも露出する頻度が増え、水着を来て海やプールに行くことも増えます。
浴衣を来て花火に行ってりと、さまざまな場面で肌を出す機会が増える時期でもあります。
そんな時期だからこそ、ムダ毛が気になるものです。
腕や足、ワキはもちろんのこと、背中やうなじも気になってくるものです。
しかし自分で自己処理するには手が届かなかったり、うまく全部を処理しきれずに、まだらになったり肌を痛めてしまうこともあります。
そんな時に便利なのが脱毛です。
脱毛は最近では家庭用の脱毛器もあるほど身近なものになってきました。
脱毛エステサロンもリーズナブルな値段でできるようになりました。
手軽で短時間で施術してくれて、料金も安いので若い女性も最近では親子で来るくらいです。
しかし、そんな脱毛も少し気をつけておくべきポイントがあります。それは光脱毛でのことですが、光の照射ミスです。
ミスといっても火傷するとかそういうことではなく、照射しきれなかった部分がないかどうか確認するべきということです。
照射が綺麗にできていないとその部分だけ毛が抜けていきません。
もちろん毛質で抜け方にはバラツキがあるので、抜けないからといって一概に照射忘れというわけではありませんが、形が四角く綺麗にその部分だけ抜けていないとなると可能性があります。
なので抜け方にも注意して見るのがよいものです。

お手ごろ全身脱毛

10年前に比べたら脱毛の価格もだいぶ安くなってきました。私が当時脱毛をしていたときは全身で60万円以上はかかっていて、
しかもVIOはついていなかったのに対して、今は安いところだと全身で20万円台でもできてしまう時代です。
しかも今の流行りだかららしいですが、嬉しいことにどのコースにもVIOの脱毛がついています。
私自身も10年くらい前に全身完了していましたが、やはり何年かたつと少しずつ毛が生えてくるようになりました。
もともとエステの光脱毛で、永久ではないと聞いていたので不思議でもなかったですが夏になり肌を露出するようになると気になり始めました。
脱毛する前の毛量に比べると生えてきたものなんてたいしたものではないですが、今までほとんど処理しなくても平気だったことを考えるとやはり面倒ですし、何より毛なんかないほうがいいです。
そこで、だいぶ安価になってきていることも考え、もう一度脱毛サロンに通い始めることにしました。
最初は若い子ばかりなんだろうな・・・と思っていましたが、意外と同じ年くらいの店員さんも多くアットホームな感じでしたし、
若い子もすごく礼儀正しく不快な思いをしたことはありません。
何よりVIOをやっていただけるのが嬉しいです。やってもらっている間はかなり恥ずかしいですが、店員さんも配慮してくれますし、
これで薄くなるならこれからの人生楽だと思いました。
全身脱毛は早くやっていたほうがいいと思います。

脱毛の原因と対策

季節で最も抜け毛が多しとされる季節は冬と言われています。
冬は他の季節に比べて冷たい風や気温が低い為に冷たい空気が頭皮を刺激し毛細血管の血流を悪くし、
育毛状態を悪くし結果髪の毛が抜け落ちてしまうと言った事になっていまします。
気候が乾燥しているのも肌には良くない様です。
髪の毛が抜ける原因は遺伝的要因、また環境的なものまで様々あるかと思います。
最も大きな理由とされているのは、頭皮の血液の循環が悪くなり、円滑におこなわれない事が一番良くないとされています。
髪は畑に植えられた草花の様な物なので、地の健康状態が悪ければ枯れてしまうと言った事と同じ様に、
頭皮の状態が不健康であれば髪が抜け落ちてしまう物となります。
マメに畑に十分な水分補給と栄養のある肥料を加えてあげなければ良い植物は育ちません。
頭皮も一緒で、栄養を十分に与え血液が良い流れになりより良い髪の毛が育って行きます。
栄養不足であれば髪が育たずに脱毛と言った形で抜け落ちるのは当然の事です。
とにかく脱毛を防ぐ為には、頭皮の血液の流れを良くしてあげる事が一番大切になるのではないでしょうか。
その為には、偏った食生活や頭皮を不潔にしたままにするなどは避けた方が良い事になります。
適度の運動も必要な物になるかと思います。

原因が厄介な大人ニキビ

大人ニキビは思春期ニキビのように皮脂の過剰分泌だけが原因になるわけでは無いので厄介です。

特にニキビが出来やすい肌になってしまっていると、生活習慣が少し乱れてもニキビが発生しますし、治りも悪くなり
若い時は肌がツルツルだった人でも凸凹になってしまう危険もあります。

肌の生まれ変わりが上手く行かないとニキビが発生しやすくなり、肌に潤いが無くなり外部刺激に耐えられないです。
そういう状態の肌は角質層がめくれて乾燥肌になりがちですから、保湿して潤わせる必要があります。

外部からはまず保湿を意識したケアを行い、内部からは便秘が起こりにくいように食事に気をつけます。
後は睡眠が良くないとホルモンバランスが崩れて男性ホルモン優位になりがちです、ぐっすりと睡眠取る事で女性ホルモン分泌が促進され
肌を潤わせて綺麗にしてくれます。

1つの要素からアプローチせずに食事、運動、睡眠、スキンケアと連動して行うのが望ましいです。
全部を完璧にとなるとストレスも溜まりますから、保湿を心掛けて、程々に継続的なケアを続けていく事で改善されます。

生活を整えると体質も良い方向に変わって行きますし、大人ニキビだけでなく、ニキビ痕も薄くなったりと効果的です。"

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このアーカイブについて

このページには、2013年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2014年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ