熟睡できる環境

睡眠の質が悪いと成長ホルモンの分泌が低下してしまうので、熟睡を心がける必要はあります。
熟睡するにはいくつかポイントがあり、それを実践することによって深い眠りにつくことが可能です。
細かなポイントになるので、全てを実践するのは難しいかもしれませんが、できることはやってみてください。

まず、寝やすい広さというのがあります。
布団1枚の場合は4畳~6畳、2枚の場合は8畳くらい、ベッド1台の場合は6畳、ツインベッドの場合は10畳くらいが最適だといわれています。
この程度の広さがあると熟睡しやすいので、現在の寝室の広さを確認してみてはいかがでしょうか。

熟睡しやすい室温は夏と冬で異なり、夏は25度、冬は15度くらいです。
夏と冬は極端に温度を下げたり、上げたりしがちですが、それは熟睡の妨げになります。
湿度は高くても低くても駄目なので、50%を目安にしてください。

光は少し視界が分かる程度の30ルクス以下が理想だといわれています。
明るすぎると感じる場合は遮光カーテンを使用してください。

部屋の色も熟睡と関係しており、ベージュやブラウン系の色がいいでしょう。
レッドやイエローといった色は興奮作用があるので控えるようにしてください。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、プエンテが2014年12月 1日 13:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「プラセンタのサプリを愛飲しています」です。

次のブログ記事は「かけ放題プランがでたので契約しました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ